肌 若返り

簡単ケアで肌の若返り

肌のしみ、しわ、たるみは、年齢が高くなるにつれどうしても増えてきます。肌の若返りをはかり、しみやしわを解消したい人もいます。さまざまな肌のトラブルが起こってきた場合に、肌の若返りを少しでもする方法はないのでしょうか。肌が本来持っている保湿力や保水力を妨げないようにしながら、肌につくほこりや皮脂汚れなどを落とすことが肌の若返りのポイントです。コストと時間をかけずに簡単に肌の若返りができる方法は、1分間のコットンケアです。やや大きいサイズのコットンを準備し、内側から裂き、完全に裂いてしまわずに2pくらいを残して折り返し、なかおもてにします。少しだけコットンを水でしめらせ、その後に化粧水を含ませます。化粧水はそれほど高級なものでなくてもOKです。人指し指と小指で挟み込んだコットンで、顔を下→上、内→外方向に服ように動かします。左頬は左手で耳近くから頬を引っ張るようにして押さえながら右手で持ったコットンで時計回りに回転させて拭き上げます。左側が終わったら、右左を変えて右側を拭きます。額は横向きにコットンで拭き、小鼻まわりは汚れやすい箇所を重点的に。コットンマッサージで肌の若返りができるのは、表皮の水分を保ちながら洗顔だけでは落としきれない皮膚の汚れを取ることができるからです。肌の若返りのために真皮層での生成を促成したいコラーゲンが、コットンによるマッサージケアで作り出しやすくなるといいます。マッサージを施すことで、肌のたるみを解消し引き締めることも可能だといいます。家庭で手軽にできるコットンマッサージを毎日1分続けることで、肌の若返り効果が期待できます。

乾燥対策で肌の若返り

年を取るごとに、若返りへの願いが強くなる人は多いようです。特にお肌は、年齢の影響があからさまに出てしまう部分です。肌の若返りのために普段の生活でできる対策にはどんなことがあるのでしょう。人間だれしも、年をとると肌はかさかさになっていきます。若いころは真皮にたくさん存在していたコラーゲンが減少し、目尻や額、口元などにしわができやすくなります。肌の若返りには、肌の失われた水分を補うことです。そして、補った水分が出て行かないように、保湿力を高めることが大事です。角質層に十分に潤いをプラスすることが、まず肌の若返りのためにすべきことです。そのままにしておくと毛穴などから水分が蒸発するため、クリームでカバーします。肌に保湿液を十分に浸透させ、肌の乾燥対策をすることが肌の若返りに直結します。肌を乾燥させないために分泌されている皮脂膜は洗顔時に洗い流されているため、洗顔後の肌は乾燥しやすくなっています。洗顔後はヒアルロン酸入りの化粧水やアミノ酸が含まれた化粧水をたっぷりと補ってあげましょう。若返り効果を高めるスキンケアをするには、化粧水で肌に水分を与え、クリームなどで肌の水分蒸発を防ぐことです。せっかくの水分が出て行ってしまっては肌の若返り効果が半減しますので、要注意です。

しわ対策で肌の若返り

肌の若返りのためには、しわを解消することが重要になります。年を取ると誰しも肌の老化が気になり、肌の若返りを願うものです。肌の若返りのために普段からできることはあるのでしょうか。しわは、明確にわかる肌の老化のシグナルです。肌にしわが増えると途端に年をとって見えるので、早急な若返り効果を求める人もいます。肌の若返りのために、しわを改善することはおすすめの方法です。保湿力を高めてあければ、肌のしわを減らすことが可能です。年をとる前の瑞々しい肌になるには、以前のような保湿力のある肌にする必要があります。紫外線を肌に浴びることも、加齢による影響と同様、肌にしわをふやします。紫外線は肌を日焼けさせるだけではなく、光老化という影響を及ぼします。光老化対策をすることが肌の若返りには重要です。日焼け止めクリームは、曇りの日や夏以外の日でも、しっかりつけることが大事です。すでにしわができてしまっていてもこれ以上しわが深くならないように、紫外線対策と乾燥対策をきちんと行うことが大切です。肌の若返りにいい成分である、コラーゲンやエラスチンを入れた化粧品も注目されています。肌の再生を促進したり、真皮層での保湿力を高めるものです。お肌の若返りのために、肌のターンオーバーが活発になるようにビタミンCやイソフラボンを体内に取り入れるという方法もあります。